demitass
How to Brew a Single-Cup Japanese Demitasse Coffee
デミタスコーヒーのつくり方
( 抽出量 約60ml / 給湯量 約85ml / 豆 10g )
※ 深煎り豆が適しています
STEP 1
本体に置いた円錐形ペーパーフィルターの中に豆(新鮮なもの)10gを入れ、給湯タンクを正しくセットします。
サーバーに乗せた本体にペーパーフィルターを円錐形に折って置きます。その中に新鮮な挽きたての中粗挽き豆10gを入れ、最後に上から給湯タンクを被せるようにセットします。(市販の円錐形フィルターをお使いいただけます。1~2杯用が最適です。)
demitass demitass
本体のハンドルを持ちながら、もう一方の手で給湯タンクを上から軽く押さえるようにして確実にセットします。タンクが斜めになったり、タンクと本体との当接部分に隙間ができたりしないように注意してください。
STEP 2
沸かしたての熱湯(およそ100℃)をタンクへ一気に給湯します。(下側の給湯ラインを目安に給湯)
ポットなどを使い、熱湯を給湯タンクへ一気に流し込みます。(火傷には十分ご注意ください。)
demitass
かならず沸かしたてのおよそ100℃の熱湯を使用してください。熱湯は整流バルブを通過する際に適温となり豆に注がれ、最適な抽出がおこなわれます。
demitassProducts
タンク内側にデザインされている上下2本の湯量ラインのうち、下側のラインのところを目安に給湯してください。また、給湯する際はかならずバルブ中心をめがけて湯を注いでください。(お湯跳ね防止とスムーズに湯がバルブを通過できるようにする2つの目的があります。)
STEP 3
美味しいデミタスコーヒーができあがるまで、ゆったりとした気分でお待ち下さい。(タンクの湯は残さずに全量を落とし切ってください。)
タンクに給湯して約20秒後、濃密なコーヒーが粒となって落ち始めます。はじめに十分な豆の蒸らしが完了しているため、10gのみの豆でもコクをしっかりと感じられる豊かな味のデミタスコーヒーに仕上がります。
demitass
demitassProducts
コーヒーができあがるまでの時間にくつろぎを。お湯を注ぎ続ける必要のない給湯式ならではの利便性だけでなく、じっくりと人の手で淹れる上質な抽出のイメージも大切なコンセプトとして捉え開発された製品です。
demitass
STEP 4
できあがったら温めておいたデミタスカップに注いで、美味しいデミタスコーヒーをお楽しみください。
約80℃でじっくり抽出する日本式のデミタスコーヒー。ぜひ、コーヒーを注ぐカップはあらかじめよく温めておくようにお願いいたします。
demitass
demitassProducts
美味しいデミタスコーヒーをゆっくりお楽しみください。
demitass
飾らない毎日のための飾らない飲み物が、いちばんのお気に入りだと気付くしあわせ。毎日活用できる機能性を備えた道具は、私たちの暮らしに快適さだけでなくポジティブな明るい気持ちも運んできてくれます。